英語

CEFRはB2から使える?レベルチェック方法と日本人平均

※CEFRで最低でもB2以上のレベルになりたいたら、今すぐネイティブとの本格的なレッスンを始めるべき。個人的にはトライズがおすすめ↓


CEFRとは、EU欧州評議会にケンブリッジ大学英語検定機構が協力して、ヨーロッパ共通で使えるよう考え出した語学力のレベルを表す国際的なものさし」です。

もっとわかりやすく言うと、「私の英語レベルはこれくらいです」と世界中の人が数字を聞けば分かる指標です。

正式名称はヨーロッパ言語共通参照枠で、CEFRはCommon European Framework of Reference for Languagesの頭文字をとった略称です。日本語読みでは「セファール」と読みます。(※一部、シーイーエフアールと呼ぶ方もいます)

2001年に発表されたものですから、まだまだ歴史は浅いと言えますね。

CEFR(セファール)はA1からC2までの6段階にレベルが別れていて、「その言語を使って具体的に何ができるか?」という言語力を世界共通の数値で表しています。

A1とA2は基礎段階の言語使用者とされていて、A1は基本的な言い回しや相手との簡単なやりとりができるレベル、A2は買い物や仕事など自分の生活に関わる領域に関しては情報交換ができるレベル。

B1とB2 は自律した言語使用者とされていて、B1は仕事、学校など身近な話題を筋の通った会話ができるレベル、B2は幅広い話題について明確で詳細な文章で母語話者と流暢に話せるレベル。

C1とC2は熟達した言語使用者とされていて、高度な内容の長文も理解し、流暢かつ自然にどのような状況でも自己表現できるレベル、C1はほぼ全てを完璧に理解することができるレベルです。

※ TOEIC L&R/ TOEIC S&Wについては、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアで判定。

cefrの測り方や自分のレベルチェックの仕方は?

勘違いされがちですが、cefrは世界共通の英語能力レベルをはかる基準のことをさすので、「英検」や「TOEIC」試験のように、cefr自体は試験ではありません。

ですから、自分自身のcefrレベルをチェックしようと思ったら、英検やIELTSスコアなどから知ることが一般的です。

上記の表だけでは日本人には分かりずらいので、TOEICやIELTSのスコアとも比較してみましょう。

IELTS、TOEIC(L&R)、英検とCEFRとの対照表

CEFR IELTS TOEIC(L&R) 英検
C2 8.5~9 該当なし 該当なし
C1 7~8.5 955~990 1級
B2 5.5~7 800~955 準1級
B1 4~5.5 580~800 2級~準1級
A2 該当なし 300~580 準2級~2級
A1 該当なし 120~300 3級

cefrの日本人の平均レベルは?本当にB2?

cefrの日本人平均値というのは発表されてませんが、日本人のIELTS平均スコアから予測することが可能です。

日本人のIELTSの平均スコアは5.8です。これCEFRに換算するとB2レベルです。しかし、B2の定義を振り返りますが『幅広い話題について明確で詳細な文章で母語話者と流暢に話せるレベル』です。

日本人のセファールの平均がB2のはずがありませんよね?(笑)

IELTSを受験するような人は日本人の中でも上位層の英語学習者であることから、英語初学者が受けるとA2やB1になることが予想されます。

日本人の英語力は最低レベル

文科省は2019年度の英語教育実施状況調査の結果について公表しましています。中学生卒業時でCEFR A1レベル、高校生卒業時でCEFR A2レベルを達成する目標がありましたが、共に達成率40%台の前半で終わり、平均値でも50%も達成していないことが分かっています。

日本人の多くがCEFR A2止まりになることが多いと言われています。書かれている英語を見ればなんとなく意味がわかるが、いざ自分が英語を話そうとすると言葉が出てこない、外国人とコミュニケーションを取ることができない方がほとんどです。

このような結果は、これまでの各種検定試験が生んでいるといっても過言ではないかもしれません。

日本で「英語試験」といえば英検やTOEICが有名ですが、世界の共通認識で「英語ができる」という物差しになった時、そこには「話す」「書く」能力がすっぽ抜けていることがこの表からも見て取れるでしょう。

日本人にも馴染みの深いTOEIC試験も、妙なスコアが上記の表に表示されていると思います。これは、TOEIC(L&R/)、TOEIC(S&W)と表示されている通り、リスニングとリーディング試験だけでなく、スピーキングとライティング試験の能力が加味されたスコアです。

日本ではTOEIC(L&R/)のみを受けるのが一般的になっていますよね。

表の下の注意書きで、「TOEIC L&R/ TOEIC S&Wについては、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアで判定する」とあるように、スピーキングとライティングの能力を基準にしてリスニングとリーディングのスコアの予測には使えますが、その逆は許されていないのです。

つまり、英語習得のためには、いかにリスニングとリーディングの勉強だけではダメかということが分かるでしょう。

cefrの英語レベルが知りたければ、まだ日本人の英語学習者には馴染みのあるIELTSのレベル感と比較してみるのが良いでしょうね。

cefrB2レベルの英語力の提出を入学試験に活用する大学

「私は英語が話せます!」ということでcefrを大々的にアピールできる機会はまだまだ少ないのが現状でしょう。

日本企業ではTOEIC、IELTS、VERSANTを指標にしている所の方が圧倒的大多数です。

しかし大学入試においては、cefrを利用している大学が存在しています。

有名なのは上智大学です。

(参照:https://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/gakubu_ad/ippansenbatsu_gaiyou.html

CEFRレベルB2以上の検定試験結果を提出した場合、共通テストの外国語においてみなし得点として利用可能です。

その他にも、B2レベルのCEFRスコアの証拠を提出することで、英語の試験を満点とみなすなどとしている大学もあります。入試本番に弱い方などには、事前に試験を受けておくのが良いかもしれませんね。

近年、大学入試改革の一環で、従来までのセンター試験から大学入学共通テストに変わった事はご存知だと思いますが、その際に散々議論された挙句、スピーキングテストの導入は見送られることになりました。

つまり、センター試験大学入学共通テストに変わったものの、依然として高等学校学習指導要領で高校生の英語学習に求められている「読む・聞く・話す・書く」の4技能のバランスが不均衡な試験が行われているのです。

そのような背景もあり、大学入試において「話す」「書く」の能力を判定するために、確かな英語力を現すことのできるcefrのランクを導入する大学が出てきたわけですね。

cefrでB2やB1などの英語力を身につけるためには、ネイティブとの英会話や、ビジネスで使う方は実際にその場を想定しての環境慣れもした方が良いでしょう。

そういった意味でもトライズは最適です。VERSANTのスコア保証など、他の英会話教室ではまずない特典などもあるので、一度無料カウンセリングを受けてみると良いですね。



Follow me!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOKO

早稲田大学教育学部英語英文学科卒。フリーランスの日英の翻訳家、ライターです。 現在持っている資格はTOEICスコア920点(990点満点)、英検準一級、VERSANTスコア63(80点満点)、発音検定99点(100点満点)で、どれも「惜しい!」というスコアです。現在もスコアアップ目指して学習継続中です。

-英語

© 2022 The English Bar Powered by AFFINGER5